沖縄県地域保健課は8日、観光で4月25~27日に沖縄本島を訪れた県外在住の0歳男児がはしかに感染していたと発表した。男児の行動歴から、4月26日午前11時半から午後4時ごろまで沖縄美ら海水族館、27日午前10時から午後2時ごろまで那覇空港に滞在した人は特に感染の恐れがあるとして注意を呼び掛けている。

はしか対策で予防接種

 県によると、男児は両親と3人で来県した。27日に熱やせきが出て、県外に戻った29日に発疹が現れ、はしかと診断された。関係保健所が、宿泊先の名護市内のホテル従業員ら接触者が感染していないか、健康観察をしている。

 はしかは空気感染で広がり、感染すると10~12日間の潜伏期間を経て高熱や発疹などの症状が出る。小児の場合、肺炎や脳炎などの合併症を起こすこともある。

 県は5月18日までに発熱や発疹が現れた場合は「外出を控える」「マスクをする」など周囲に配慮し、医療機関を受診する際も公共交通機関をできるだけ使わないよう呼び掛けている。

 県では昨年、外国人観光客を発端に計101人のはしかの集団感染が起きた。