那覇のマチグヮー(商店街)を舞台にしたNHKのドラマ「甲子園とオバーと爆弾なべ」の撮影が13日から始まる。ドラマの脚本と演出を担当する中江裕司監督らが9日、那覇市役所を訪れ、制作を報告した。ドラマには県出身の女優、満島ひかりさんも出演する。

ドラマの制作を知念覚副市長(中央)に報告した(右から)中江裕司監督、吉田妙子さん、蔵下穂波さん、平良進さん=9日、那覇市役所

 ドラマは1990年夏の那覇が舞台。県勢初の甲子園優勝がかかった沖縄水産高校と天理高校の決勝戦を軸に、マチグヮーの人情味あふれる人々の物語が展開される。中江監督は「(決勝戦は)県民の心の中にずっと残っているシーン。県民みんなで撮影を盛り上げていければ」と抱負を語った。

 出演する県出身女優の蔵下穂波さんは「私たちの世代は興南が春夏連覇したときの印象が強く、それ以上に盛り上がったと聞いて撮影を楽しみにしている」と笑顔で話した。報告には他に平良進さん、吉田妙子さんも訪れた。

 ドラマの撮影は26日まで。現施設での営業を終える第一牧志公設市場や平和通り商店街などで撮影が行われる。ドラマは8月中旬にNHKBSプレミアムで放送予定。