那覇市の那覇港管理組合(管理者・玉城デニー知事)が、浦添市の商業施設「サンエー浦添西海岸パルコシティ」開業で予想される渋滞の緩和を目指し、浦添市と那覇市をつなぐ、なうら橋交差点の右折レーンを約20メートル伸ばす工事を今月末にも始める。

 工事するのは那覇向けの道路で、中央分離帯を削って現在の約30メートルの右折レーンを約50メートルに延ばす。普通乗用車で4、5台分、トラック1、2台分の長さという。午後10時~午前5時の夜間工事で工期を約2週間と見込み、パルコ開業予定の6月27日に間に合わせる予定だ。

 同管理組合は「右折レーン延長は、取り急ぎできる対策の一つ。今後も渋滞緩和に向けて何ができるか検討する」としている。