沖縄のヤンキーの「パシリ」となり、彼らと日常的に「つるんで」、酒を飲み交わしながら、共に過ごしてきた気鋭の社会学者がいる。打越正行さんだ。打越さんは2019年3月、彼らとの10年をつづった著書「ヤンキーと地元」を刊行した。彼らが、沖縄という地でどのように生きてきたのか、生きようとしているのかを描いている。(上)では、打越さんがヤンキーの若者を調査した経緯を中心に、(下)では、彼らの過酷な労働と暴力に焦点を当てて聞いた。(デジタル部・與那覇里子)

社会学者の打越正行さん

暴力を振るう理由

 本書には、暴力の描写がちりばめられている。打越さんと共に型枠解体屋の沖組で働いていたよしきは、本土復帰前に生まれた40代の従業員。元暴力団員で、父親も暴力団だった。10代のころから暴力トラブルも多く、傷害で実刑判決も受けている。彼は、職場でも後輩を殴る先輩だ。しかしながら、打越さんは、彼がなぜ暴力を振るうのか、拳に何の意味を込めたのかを本書であぶり出している。

 「建設業は将来展望を持ちづらい仕事なんです。仕事はきつくて、過酷で、給料が安い。そういう状況が30代になっても続きます。ステップアップできる仕事や給料や人生設計があれば、後輩がため口を聞いたとしても笑って過ごせると思うんですよ。いきのいい元気な若者がいるなと。でも、彼らは20代で、10代の後輩に給料も、地元の人間からの信頼度も、キャバ嬢からチヤホヤされる度合いも追いつかれ、抜かれてしまうんです。だから、追いつかれている現状を象徴的に表すものが後輩のため口で、それを先輩たちは許せず、俺とお前は違うんだぞという意味合いで、みんなの前で殴るといったことがありました」