県内の児童・生徒に環境について学んでもらう「沖縄こども環境調査隊2019~地球の声を伝えよう」(主催・沖縄タイムス社、共催・沖縄美ら島財団)の参加者募集を29日まで延長する。隊員は7月末に西表島へ派遣する。

快晴の下、多くの住民らが帆かけサバニレースなどを楽しんだ「第3回干立ウニファー祭り」=2018年05月21日、竹富町西表島・前の浜

 小学5年~中学3年生が対象。応募には「私の環境問題(タイトル自由)」をテーマにした手書きの作文(400字詰め原稿用紙2~4枚以内)が必要。作文審査通過者と面接し、隊員を決定する。

 「希少生物の今と環境保全」をテーマに、世界自然遺産登録へ再推薦が決定した西表島を視察、調査する。渡航費などは主催者が負担する。

 応募用紙を作文の裏に貼り付け郵送(29日必着)。応募用紙は、沖縄こども環境調査隊のホームページからダウンロードできる。問い合わせは、沖縄タイムス社営業局、電話098(860)3573(平日午前10時~午後5時30分)。