県内の金融機関関係者を対象にしたサイバーセキュリティーに関する講演会と連絡会議が4月26日、県警本部で開かれた=写真。 講師を務めた消費者庁最高情報セキュリティーアドバイザーの川口洋氏は、W杯や東京五輪など大型イベントを控え、国内の金融機関など大手企業を狙ったサイバー攻撃が起こり得る可能性を指摘。