【読谷】読谷村波平の産業廃棄物最終処分場跡地の一角に地域密着型特別養護老人ホームの建設計画がああることが14日、分かった。同日、事業主の社会福祉法人祥永会が近隣住民向けの説明会を開いたが、一部参加者から反対意見が出た。  跡地は現在、処分場を埋めて駐車場などで活用している。