90歳を超えてスポーツを楽しむ2人が4日、沖縄県うるま市内で交流した。札幌市在住の在間弘さん(94)が来県し、沖縄市の仲地浩さん(90)と対面。2人とも、功績を残した高齢の競技者をたたえる日本スポーツ協会の「日本スポーツグランプリ」を受賞しており、スポーツ談議に花を咲かせ、お互いを激励。集まった関係者は健康長寿の秘訣(ひけつ)に耳を傾けた。

スポーツ談義で交流を楽しんだ仲地浩さん(前列左)と在間弘さん(同右)=4日、うるま市・福原兼治さん宅(福原さん提供)

 在間さんは70年以上のバスケットボール歴があり、2011年に日本スポーツグランプリを贈られた。現在もバスケのシニアチームで活動する。一方の仲地さんも子どもの頃からさまざまなスポーツに取り組み、現在はソフトバレーチームで試合に出場する現役競技者。18年の同グランプリを受賞している。

 2人はこれまでも、共通の知人で沖縄市ソフトバレーボール協会顧問の福原兼治さん(68)を通じて手紙のやりとりをしていたが、今回念願の初対面を果たした。

 2人は当日、朝からうるま市与勝を巡って観光を満喫。徒歩での移動を元気にこなし、昼食のステーキもぺろりと平らげた。汗をかきながら案内した福原さんを逆に気遣う余裕も見せた。

 その後、うるま市の福原さん宅で関係者を招いて懇親。健康維持のこつについて在間さんは「階段を使うこと」、仲地さんは「毎朝のウオーキング」と答え、さらに「周囲のチームメートが支えてくれるおかげ」と声をそろえた。

 福原さんは「大変な時代を生き抜いてきて今なお、こんなに元気とは。僕にとっては神様のような人たち」と驚嘆していた。