沖縄空手剛柔流の流祖・宮城長順氏(1888〜1953年)の直弟子である新垣修一氏(90)=浦添市=は、長順氏の晩年の教えを継ぎ、剛柔流の伝承に力を注いできた。「人に打たれず、人打たず、事なきをもととするなり」と説いた長順氏を仰ぎ、新垣氏は「空手で大事なのは謙虚な気持ちと優しさ」と語る。