大型連休明けの7日以降、保釈保証金などを管理する最高裁の保管金事務処理システムに不具合が生じていることが13日、分かった。最高裁の担当者は「改元に伴うトラブルの可能性は否定できないが、原因は調査中」としている。

(資料写真)新元号「令和」の発表

 同システムは全国の裁判所で使われている。最高裁によると、7日にログインできない障害が確認され、9日に別のシステムで支障が出た。13日までに大部分のトラブルは解消された。

 担当者は「オンライン手続きや振り込みなどに不具合が出たが、各地の裁判所窓口で現金支払いで対応した。手続きに遅滞が生じたとは認識していない」と説明。一方、遠隔地に住む人や現金以外での支払いを希望する人に対しては「不便を掛けたかもしれない」と弁明した。

 県内の弁護士は保釈保証金が振り込まれず、那覇地裁に問い合わせて初めて不具合を知った。「公表もせず、当事者にすら連絡しない最高裁の姿勢は一般常識からかけ離れている」と批判。「保釈保証金は100万円以上が多く、親族などから借りている当事者にとっては深刻だ。改元に伴う障害であれば、危機意識が乏しいと言わざるを得ない」と話した。(社会部・下里潤)