沖縄振興のあり方に関するアンケートでは、県議や沖縄関係国会議員の多くが高率補助や内閣府への沖縄関係予算の一括計上方式、一括交付金を評価し継続を求めた。これらの制度が「民間主導の自立型経済の構築」という沖縄振興計画の目標を達成するために、欠かせないツールであるとの認識が改めて示された。