沖縄タイムス+プラス ニュース

[解説]なぜ住民投票条例案は一度も審議入りしないまま否決されたのか

2019年5月15日 13:00有料

 石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票条例案が、石垣市議会の特別委員会で一度も審議入りしないまま否決された。 同条例案を公正公平に審議する目的で設置された委員会だが、過去2回の会合では与党側が「そもそも住民投票が必要とは思わない」と入り口で突っぱねた経緯もある。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気