昨年9月の北海道地震で震度6強に見舞われ、店舗が全壊したむかわ町のたい焼き店「いっぷく堂」が、今年4月に仮設店舗で営業を再開し、地震前を上回るにぎわいを見せている。同町で発掘された恐竜の化石にちなんだ「恐竜たいやき」が人気で、大型連休中の売り上げは1日約400個と地震前の平日売り上げの3倍を超えた。

 「いっぷく堂」の「恐竜たいやき」

 「恐竜たいやき」を手にする工藤弘さん=4月11日、北海道むかわ町

 「いっぷく堂」の「恐竜たいやき」  「恐竜たいやき」を手にする工藤弘さん=4月11日、北海道むかわ町

 同町で新聞販売店を営む工藤弘さん(66)が2015年7月に開業。恐竜たいやきの形は、03年に同町の山中で骨の化石が見つかったハドロサウルス科恐竜(通称むかわ竜)がモチーフだ。(共同通信)