16日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=109円台半ばで取引された。

 午前10時現在は、前日比04銭円高ドル安の1ドル=109円46~47銭。ユーロは12銭円高ユーロ安の1ユーロ=122円66~67銭。

 米国の通商政策への過度な懸念は和らいだものの、世界的な景気減速への警戒感から日経平均株価が軟調に推移したため、相対的に投資リスクが低いとされる円を買ってドルを売る動きがやや優勢となった。(共同通信)