プロ野球のセ、パ両リーグは15日、3、4月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、パでは西武の山川穂高内野手(27)=中部商高−富士大出=が選ばれた。リーグ最多の11本塁打、31打点の好成績を収めて、昨年9、10月に続き通算5度目の選出となった。