オリオンビール(與那嶺清社長)は1959年にビール販売を開始し、17日で60年を迎える。本土や外国産ビールが市場を席巻する中、創業者の具志堅宗精氏が、沖縄県内企業による地場ビールの醸造に可能性を見いだした。資金調達や県民の好みに合ったビール造り、同業他社との激しい販売競争に対応し「三ツ星」ブランドを確立した。全国的にビール離れが進む中、大手資本の傘下となった「新生オリオン」は競争力に磨きを掛ける考えだ。

オリオンビールの発売当初のラベルと瓶

ビール類の出荷量

オリオンビールの発売当初のラベルと瓶 ビール類の出荷量

 設立は、57年5月18日。当時の社名は沖縄ビールだった。みそ・しょうゆ生産の「赤マルソウ」を創立した具志堅氏が、醸造知識を持つ弟から「冷凍設備を完備すれば、ビール企業が沖縄で成り立つ」との進言を受けたことがきっかけだった。銀行や企業経営者を回って出資を呼び掛け、醸造技術者を県外から招聘(しょうへい)。ビール名を公募して「オリオン」に決まった。

 那覇市の風物詩となっていた波上祭の吉日を選んで、ビールを発売。名護市の工場ではのぼりを立て、ちょうちん行列でトラックを送り出した。当時は県産品を「島グヮー」として二級品とみなす風潮もあり、役員や社員が繁華街を一軒一軒訪れて、オリオンを売り込みイメージ払(ふっ)拭(しょく)に努めた。

 地道な努力が実を結び、売り上げは徐々に好転。65年度に県内シェア90%を達成し、72年の日本復帰までほぼ維持した。ここ十数年は嗜好(しこう)の多様化で、全国大手同様に販売が伸び悩む。オリオンは業界初となる「糖質ゼロ」の開発や、ビール味のノンアルコール飲料を展開、国内販売だけでなく輸出にも力を入れた。

 競争環境に対応するため、ことし3月、日米の大手投資会社が設立した特別目的会社の子会社に。オリオンブランド初のチューハイを発売するなど、多様化する市場ニーズへの対応を急ぐ。與那嶺社長は「商品展開やマーケティングをこれまで以上に進化させ、消費者のニーズに応えていきたい」と話した。