かなわない愛ほど思いは募る。手の届かぬ人を思うとき、愛しい人を失ったとき、いつ帰るかわからない恋人を待つとき。注げない愛を持て余すほど、彼を深く愛しているような気持ちになる。 でも、それは、そんな気がしただけなのかもしれない。