「海ぶどう」は、実はたった一つの細胞が房や枝など複雑な形に分かれてできた巨大な単細胞生物だ。その秘密を探るため、沖縄科学技術大学院大(OIST)のチームがゲノム(全遺伝情報)を解読した。

沖縄名産の海ぶどう(沖縄科学技術大学院大提供)

 調べると、ゲノムのサイズは養殖されている農産物では最小クラスで、遺伝子の数も少なかった。一方、陸上植物の葉の形作りなどを制御している「ホメオボックス遺伝子」の種類が多いことも分かった。

 この遺伝子が複雑な形状の鍵を握っている可能性がある。海ぶどうは養殖時に生育不良になることがあり、今回の研究がうまく育てる方法を探るのに役立つとチームはみている。