元県職員の石田辰夫氏(66)は17日、県庁で会見し、夏の参院選沖縄選挙区に立候補すると表明した。「貧困者の生活を助けたい。救うきっかけをつくりたい」と述べた。貧困層の支援のため、皇室費や公務員の給与の削減を提案。日米安保の破棄や辺野古新基地建設の反対などを訴えている。