記者はいま、マカオのカジノにいる(もちろん、仕事だ)。2015年にオープンした「スタジオ・シティ・マカオ」という統合リゾート(IR)にいて、その1階にカジノがある。バカラやブラックジャックなどのテーブルゲームが290台、スロットマシン1200台が並んでいて、ある人は笑みを浮かべ、ある人は渋い表情を浮かべていた。

スタジオ・シティ・マカオには1日3万人以上が訪れる

高さ130メートルの観覧車

スタジオ・シティ・マカオには1日3万人以上が訪れる 高さ130メートルの観覧車

 フロアを見渡すと、赤やオレンジといった暖色系のネオンが輝いていて、エンターテインメントの空間が広がっていたが、記者は気になったことがひとつあった。「監視カメラ」である。入口にカメラ、天井にカメラ、テーブルにカメラ、スロットにカメラ――。どこに目を向けてもカメラを見つけることができるので、担当者に何台あるのか聞いたところ、「カジノだけで3000台ほど設置していて、死角になっているスペースはほぼない」とのこと。

 配られたカードをすり替えたり、怪しいモノを持ち込んだり――。いわゆる“イカサマ”対策のために、たくさんの監視カメラを設置しているわけだが、いくらなんでも多過ぎないか。例えば、スロット1台につき、1台のカメラを設置しているのだ。

 このように書くと、「新手の悪党が出てくるからねえ。監視カメラを増やさないと、対応できないんでしょ」と思われたかもしれない。その意見は、よーく分かる。ただ、カメラを増やすと映像も増えていくので、たまりにたまった膨大なデータをどのように分析しているのか、という疑問がわいてきたのだ。

 その謎を解くためには、やはり監視ルームを取材しなければいけない。というわけで、セキュリティ責任者のデイミアン・フィリップスさんに、門外漢は入ることができない秘密基地を案内してもらった。