群馬県は18日、同県草津町と長野県を結ぶ志賀草津道路のうち、草津白根山の白根山から半径1キロの立ち入り規制範囲を含む約8・5キロ区間を通行止めにした。火山性地震の増加が理由。(共同通信)