沖縄県の竹富町(西大舛髙旬町長)は9日、ふるさと納税の返礼品に「郵便局のみまもりサービス」を追加した。郵便局社員による訪問や自動音声の電話をかけて生活状況など確認する。町内で暮らす家族が対象。サービス利用者にはメールで報告する。

見守りサービスで協定を結んだ西大舛髙旬町長(前列右から2人目)と竹富郵便局の豊川雅明局長(同3人目)=9日、竹富町役場

 日本郵便によると導入は浦添市、宜野湾市に次いで県内3例目。

 同日、町役場で西大舛町長と日本郵便の比嘉明男支社長が協定を結んだ。

 西大舛町長は「離れて暮らす家族も多く時宜を得た取り組みだ。導入を推進し、安心安全なまちづくりを進める」と意欲。竹富郵便局の豊川雅明局長は「離れて暮らす家族の絆をつなぐお手伝いができると思う」と活用を呼び掛けた。

 2種の見守りは納税額に応じて3、6、12カ月のサービスがある。町の担当者は「東京などで暮らす島出身者の利用が期待できる」と話した。