元米国防長官のウィリアム・ペリー氏(88)が、沖縄タイムスのインタビューに応じ、元米海兵隊で軍属の男による女性遺体遺棄事件や、在任当時に大枠をまとめた普天間飛行場の返還計画などについて語った。