鹿児島県は19日、局地的大雨により屋久島で孤立し救助された人数が、最終的に314人になったと明らかにした。把握していたのは266人だったが、孤立者が集まっていた場所に同日になって合流した人などが、計約50人いたという。(共同通信)