沖縄タイムス+プラス ニュース

9年ぶり2度目の日本一 ボウリング全日本選手権 沖縄出身の安里

2019年5月20日 09:34

 ボウリングの全日本選抜選手権最終日は19日、埼玉県の新狭山グランドボウルで男女の優勝決定戦までを行い、男子は県出身の安里秀策(27)=北中城中-福岡第一高-朝日大出、和歌山・日高東宝ボウル=が優勝決定戦で菅野直人(神奈川)を217-205で破り、9年ぶり2度目の頂点に立った。

全日本選抜選手権の男子を制した安里秀策=埼玉県・新狭山グランドボウル(全日本ボウリング協会提供)

 安里は上位4人によるファイナルを226点で1位通過し、一騎打ちとなる1ゲームマッチの優勝決定戦に進出。終盤7、8フレームに連続ストライクを奪って流れを引き寄せ、最終10フレームでは全てストライクの「パンチアウト」で勝負を決めた。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気