沖縄県浦添市の自宅で大麻を栽培、所持したとして大麻取締法違反の罪に問われた県立大平特別支援学校教諭の妻(50)と、無職の夫(49)の両被告に対し、那覇地裁(脇田未菜子裁判官)は20日、懲役3年、執行猶予5年(求刑3年6月)の判決を言い渡した。

(資料写真)那覇地裁

 判決文では、大麻約750グラムを所持し、大麻草43株を栽培した責任は相当重いとしつつ、「両被告に前科前歴がなく反省している」などを理由に執行猶予付とした。