大弦小弦

[大弦小弦]安倍晋三首相のモノマネが「激しく似てる」と話題…

2019年5月22日 07:23

 お笑い芸人サンドウィッチマンの伊達みきおさんが、テレビ朝日「アメトーーク!」で披露した、安倍晋三首相のモノマネが「激しく似てる」と話題だ

▼会場の芸人が、首相役の伊達さんに新元号や景気回復の話題を振り、コメントを求める。伊達さんは何を聞かれても「先ほどアメリカのトランプ大統領と電話で会談しました」「私たちの考えは一致しました」

▼芸人仲間は爆笑し「すぐトランプに電話するやん」とツッこむ。いち視聴者としても「何でも一致しちゃう」「質問に答えてないし」と重ねてツッこみたくなる。首相の言動の特徴をうまく捉えている

▼ネットでは「健全な風刺」「お笑いはこうでなくちゃ」との反応がある。伊達さんは首相を直接、批判したわけではない。結果的に、視聴者が笑いながら首相の対米従属ぶりを連想する、という絶妙な構成だ

▼歴史的に芸人の政治風刺は、市民に寄り添い代弁する手段でもあった。英国の劇作家シェークスピアは「リア王」で、宮廷道化師を配置して王への批判を語らせた

▼脳科学者の茂木健一郎さんは「日本の芸人に権力者を批判する笑いは皆無」と指摘し、首相に近い大物芸人から批判された。権力を笑う自由は、民主主義の健全性を測るリトマス試験紙でもある。芸人は自己規制せず、爽快な風刺を発信してほしい。(吉田央)

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気