沖縄銀行(山城正保頭取)は21日、自分の口座から手軽に送金できる機能などが付いたスマートフォンアプリ「おきぎんSmart(スマート)」の提供を始めた。沖銀が単独で開発したアプリで、預金残高や入出金明細、借入残高、返済予定明細の確認もできる。

「おきぎんSmart」の提供開始を発表する沖縄銀行の伊波一也常務(左)と砂川雄一郎デジタル事業部長=21日、那覇市の沖銀本店

 自分の口座間であれば、1日で上限10万円まで振り替えが可能。友人などアプリに登録した相手には、1日で上限3万円まで送金できる。

 近く提供を始める決済アプリ「OKI Pay(オキペイ)」と併せて使えば、飲食店での割り勘から支払いまで対応でき、キャッシュレスにつながるとしている。

 今後、住宅ローンの一部繰り上げ返済の手続きができる機能などを追加するほか、複数あるアプリの集約を進め、利便性をさらに高める方針。

 今回のようなアプリを金融機関が単独で開発するのは全国でも珍しいと言い、那覇市の沖銀本店で記者発表した伊波一也常務は「今後も新しい手法や発想で、地域や社会全体に貢献していく」と語った。