1月に初当選した山梨県の長崎幸太郎知事は22日、富士山の麓と5合目をつなぐ「富士山登山鉄道」の実現に向け、2年後をめどにルート案などを盛り込んだ構想をまとめる考えを示した。6月末以降、有識者検討会を設置し、策定作業に入る。環境への影響や経済効果なども検証する。

 「富士山登山鉄道」の実現に向け、決意を述べる山梨県の長崎幸太郎知事=22日午前、東京都千代田区

 同日都内で開いた会合で、青柳正規前文化庁長官や火山学者藤井敏嗣東大名誉教授らから、「噴火が起き、たくさんの人を避難させるときには、鉄道の方が便利だ」などと賛同意見が相次いだのを受けて判断した。

 長崎氏は「富士山登山鉄道は、(知事選で)公約に掲げた。公約実現の観点からも最大限努力したい」と話した。(共同通信)