一般社団法人クイチャーパラダイス(東京都、仲本光正代表理事)は20日、6月1〜10日の日程で宮古島市で開催を予定していた「宮古島国際文化交流フェスティバル2019」の中止を自社のホームページで発表した。

 仲本代表理事は「当初の計画より集客が見込めず、資金面で難しくなった。出演予定の団体や関係者におわび申し上げる」と謝罪した。同フェスティバルは仲本理事が古里の活性化策として計画。国内外から伝統芸能団体やアーティストら約1万人を招き、伝統芸能祭典として開催する予定だった。

 同法人によると、海外団体が招致できなくなったことやチケットの販売不振に加え、舞台設営などの費用面が高騰したことなどから開催を見送った。仲本代表理事は「準備不足だった。楽しみにしていた人には申し訳ない」と述べた。