県教育委員会は16日、教員を対象に心肺蘇生講習会を沖縄市の県立総合教育センターで開いた。子どもたちを心臓突然死から守ろうと、浦添総合病院救命救急センター長の米盛輝武さんを講師に迎え、胸骨圧迫と自動体外式除細動器(AED)の使い方を学んだ。約200人が参加した。