教員の働き方について考えるシンポジウムが18日、琉球大学で開かれた。学校現場では長時間労働が深刻化しているが、「大学では(実態を)学ぶ機会がない」と疑問を抱いた同大の学生らが、考える場を持とうと企画した。内田良名古屋大准教授が教員の働き方や部活動指導の問題点を解説した。