琉球泡盛「残波」を製造する比嘉酒造(沖縄県読谷村、比嘉兼作社長)は、20代女性が主人公の人気漫画「ワカコ酒」とコラボした残波ホワイトのオリジナルボトル「残波×ワカコ酒」を13日から限定販売している。

人気作品「ワカコ酒」と残波のコラボボトル

人気作品「ワカコ酒」とのコラボボトルをPRする比嘉酒造の太田敏取締役営業統括本部長(左)と営業の玉城慎吾さん=22日、沖縄タイムス中部支社

人気作品「ワカコ酒」とのコラボボトルをPRする比嘉酒造の太田敏取締役営業統括本部長(左)と営業の玉城慎吾さん=22日、沖縄タイムス中部支社

人気作品「ワカコ酒」と残波のコラボボトル 人気作品「ワカコ酒」とのコラボボトルをPRする比嘉酒造の太田敏取締役営業統括本部長(左)と営業の玉城慎吾さん=22日、沖縄タイムス中部支社 人気作品「ワカコ酒」とのコラボボトルをPRする比嘉酒造の太田敏取締役営業統括本部長(左)と営業の玉城慎吾さん=22日、沖縄タイムス中部支社

 太田敏取締役営業統括本部長らが22日、沖縄タイムス中部支社を訪れ「作品とのコラボで、女性や若い世代に関心を持って飲んでいただきたい」とPRした。

 720ミリボトルは3600本限定で希望小売価格1400円、1800ミリボトルは1200本限定で2360円。太田氏は「若い世代の間で泡盛離れが進み危機感がある。残波ホワイトはフルーティーですっきりしたのどごしが特徴だが、まだまだ認知は低い。ぜひ若い世代にも手にとってほしい」と話した。

 問い合わせは比嘉酒造、電話098(958)2205。