米軍嘉手納基地周辺にある北谷浄水場の水源から人体に有害な影響が指摘される有機フッ素化合物が高濃度で検出され、沖縄県民の不安が高まっているのを受け、県企業局の金城武局長は23日に県庁で記者会見し「水道水の安全性は担保されているものと考えている」と発表した。

(資料写真)水道水

(資料写真)水道水

 国内法で水道水の有機フッ素化合物の基準値は定められていないものの、同浄水場で低減処理した水のPFOS(ピーホス)とPFOA(ピーホア)の合計値が、米国環境保護庁の生涯健康勧告値より低いことを根拠に挙げた。

 同浄水場の2018年度平均のPFOSとPFOAの合計値は1リットル当たり29ナノグラムで、米国の勧告値は同70ナノグラム。金城局長は、県で独自の基準値を設けるのは「現実的に難しい」とし、県民の不安解消に向け国に基準設定を働き掛ける考えを示した。

 また、国際的に製造・使用を規制する審議が進むPFHxS(ピーエフへクスエス)も、処理後の水の前年度平均値(同12ナノグラム)は「PFOSとPFOAの合計より低い」とし、ただちに問題はないとの認識を示した。

 一方、米軍は独自に嘉手納基地でPFOSなどが残留している可能性のある場所や流出経路を調査しているが、公表していない。県企業局が求める基地内の立ち入り調査も認めていない。