【ワシントン共同】ロイター通信は、米商務省が発表した通貨安国に相殺関税を課すルール改正案について、中国や日本など6カ国が対象となる可能性があると報じた。(共同通信)