親による体罰禁止を明記した児童虐待防止法と児童福祉法の改正案に関し、与野党は24日、衆院厚生労働委員会に修正案を共同提出することで一致した。安倍晋三首相も出席する質疑を行った上で、同日午後に厚労委で修正案を採決、28日にも衆院を通過させる見込みだ。

 政府案や立憲民主など野党が提出していた対案は、それぞれ親権者や里親らによる体罰を禁止することなどが柱。修正案では野党案の一部を取り込み、都道府県や児童相談所は、虐待をした保護者に医学的・心理的な知見に基づく指導を行うよう努めるとの規定が盛り込まれた。(共同通信)