沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄振興予算3000億円めざす 8月政府要請

2014年7月29日 09:50

 政府の2015年度予算概算要求に向け、沖縄県は28日、沖縄振興予算に関する国庫要請の骨格を固めた。本年度に続き、予算総額は3千億円以上の確保を求める。仲井真弘多知事が導入に意欲を示す南北縦貫鉄軌道は、経営を安定するため公設民営型の特例制度の導入に向けた調査の継続や、県民意識調査の実施などを念頭に、調査費の計上を求める。

 8月5、6日に仲井真知事が安倍晋三首相や、山本一太沖縄担当相など担当閣僚に要請する方向で調整している。

 首相は昨年末、21年度まで毎年3千億円台の沖縄振興予算を確保する方針を知事に確約した。

 県はこの方針を前提に中長期的な継続事業を盛り込んでおり、国庫要請でもあらためて既定方針の実行を首相に確認する。

 政府も6月に閣議決定した15年度予算編成に関する「骨太の方針」に沖縄科学技術大学院大学(OIST)の規模拡充などを明記しており、継続して沖縄振興を国家戦略として取り組む方針を打ち出している。県はOISTの関連予算を内閣府予算の枠内で求めるが、予算規模が大きいため、既存の沖縄振興予算を圧迫することなく必要な額を確保する配慮を求める。

 鉄軌道の導入に向け、県は駅やレールなどのインフラ部分を行政が整備し、運行を民間企業が担う公設民営型の上下分離方式となる特例制度の創設を検討している。この制度は本土で整備新幹線の導入などで活用されており、県は本年度に類似の制度設計の検討に着手。次年度は検討を継続するとともに、県民意識調査などで県内のニーズを把握したい考えだ。

 19年度完成予定の那覇空港第2滑走路は、昨年に締結した財務相、国土交通相、沖縄担当相による覚書に沿った所用の予算の確保を求める。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
お陰様で11周年目を迎えます。 今年も受講生が期待できるテーマを準備して引き続き開催致します。
食の多様性で観光立県 県内の取り組みをご紹介!
食の多様性で観光立県 県内の取り組みをご紹介!
国際観光都市を目指す沖縄。食の多様性への対応が求められています。その最前線を取材!
LINE@公式アカウント紹介企画
LINE@公式アカウント紹介企画
企業や団体の「LINE@」を紹介! 友だち追加でお得な情報やクーポンをゲットしよう!!
しまくとぅば広告
しまくとぅば広告
消滅の危機にある「しまくとぅば」をもっと使おう!
週刊沖縄空手が読み放題
週刊沖縄空手が読み放題
空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。
今日もがっつり!運転手メシ
今日もがっつり!運転手メシ
沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします