沖縄タイムス+プラス ニュース

宮本昌典、3種目日本新V 全日本重量挙げ 女子49キロは糸数が頂点に

2019年5月25日 10:52

 重量挙げの全日本選手権は24日、岩手県奥州市の江刺中央体育館で行われ、男子73キロ級の宮本昌典(沖縄工高-東京国際大-同大職)がスナッチ150キロ、ジャーク183キロ、トータル333キロを挙げ、いずれも自身が持つ日本記録を更新して優勝した。

男子73キロ級 優勝した宮本昌典のスナッチ=岩手県奥州市・江刺中央体育館

糸数加奈子

男子73キロ級 優勝した宮本昌典のスナッチ=岩手県奥州市・江刺中央体育館 糸数加奈子

 女子49キロ級の糸数加奈子(豊見城高-金沢学院大-自衛隊体育学校)はトータル173キロ(スナッチ80キロ、ジャーク93キロ)で頂点に立った。

東京五輪へつながる成績

 宮本昌典の話 世界選手権や東京五輪に向け、この時期にはこれぐらいの重さを挙げたいと思っていた。予定通りの優勝でうれしい。調整もうまくいっていて、今後につながる大会にできた。これまで練習してきた通りに自分のペースを崩さずにやっていきたい。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気