沖縄県那覇市内の自宅で息子=当時(42)=を包丁で殺害しようとしたとして、殺人未遂の罪に問われた被告男性(70)の裁判員裁判の判決公判が24日、那覇地裁であった。佐々木公裁判長は「被害者の暴力がエスカレートし、追い詰められた中での犯行で、厳しく非難すべきであるとまでは言い切れない」と述べ、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役7年)を言い渡した。

(資料写真)那覇地裁

 量刑理由で佐々木裁判長は、被告が長年にわたり息子の暴言や暴力に耐えてきたことや、公的機関から実効的な助言が得られなかったことなどに触れ、「冷静な判断が難しい精神状態まで追い詰められていた。執行猶予を選択することが許されない事案とはいえない」とした。
 
 被告は昨年10月20日、自宅で無職の息子の背中や首などを包丁で刺すなどした。