ラジオ沖縄は24日、決算取締役会を開き、2018年度決算や社外取締役の交代などを承認した。売上高は前期比4・2%減の5億8437万円、経常利益は77・3%減の859万円の減収減益となった。

 広告出稿が減った一方、ワイドFM開局などに伴う費用が増えた。純利益は71・3%減の1022万円だった。

 役員人事では、社外取締役に金秀本社の役員・広報室課長の小橋川まさ美氏(45)が就任し、金秀本社の取締役副社長である照屋賢治氏(55)は退任した。

 6月27日に開かれる予定の株主総会と取締役会で正式に決定する。