オカノ(與儀盛輝社長)は24日、社員研修の一環で沖縄タイムスが提供する「新聞読み方講座」を那覇市安謝の本社で開いた。

気になった記事を発表し合う受講生ら=24日、那覇市安謝のオカノ本社

 社員6名が県内の幅広い情報を効率的に読む方法や記事の書き方を学び、一人一人が気になる記事を選んで発表し合った。

 沖縄タイムス社の久場まどかNIB担当は、「見出しや解説で記事の扱いの大きさが分かる」と説明。「相手と話題に困る時には、気になった記事を話題にしてコミュニケーションツールとして活用してほしい」と強調した。

 受講生の知花宇晃(たかあき)さん(22)は「新聞は本を読む気構えだったが、記事の読み方や優先順位が分かり、気軽に読んでいけるようになった」と話した。平良日向子さん(22)は「新聞の要旨や要約が分かり、報告書の書き方が上手になるよう努力したい」と話した。