沖縄タイムス紙面掲載記事

[久米島紬の四季 糸作りの春](1)/養蚕復活 国重文へ道/職人の志 伝統守る/(25面に続く)

2019年5月27日 05:00

 【久米島】久米島紬(つむぎ)は古い歴史を持つ絹織物だ。かつて米どころだった島で忙しい農作業の合間をみて、季節に合わせて糸を作り、デザインを考え、染め、織った。島の豊かな自然の中で培った手仕事は、国の重要無形文化財に指定されている。織り手たちの久米島紬事業協同組合ができて今年で50年。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気