南西地域産業活性化センター(NIAC)が27日発表した沖縄経済レビュー「県内の住宅着工と空き家の動向」によると、2018年に着工された一戸建て持ち家に占める木造の割合は24・9%で、一戸建て住宅の4戸に1戸が木造となった。