県農林水産部は28日、2018年の肉用牛や豚など6種類の家畜・家きん飼養状況の調査結果を発表した。ヤギの飼養頭数は前年比13・4%増の1万2035頭と、過去10年で最高になった。観光客の増加で県内のヤギ食需要が伸び、飼養戸数も5・4%増の1484戸になった。