大分の本格麦焼酎「いいちこ」の製造販売を手掛ける三和酒類は、29日から那覇市のタイムスビルでいいちこの試飲イベントを開く。「下町のナポレオンいいちこ」が2杯まで無料で試飲できるほか、製造方法や貯蔵熟成方法が違う7種類のいいちこを、1杯200円で提供する。同社が県内でいいちこのイベントを開くのは初めて。31日までで、時間は午後4~8時。

いいちこの試飲イベントへ多くの来場を呼び掛ける三和酒類の都留取締役(右)と竹中東吾氏=28日、タイムスビル1階

 「下町のナポレオンいいちこ」は、1979年に発売され、今年40年を迎える人気商品。国内はもとより、世界37の国・地域でも販売しているという。イベントでは、ゴーヤーチャンプルーや沖縄おでんなどのフードも提供。県民や国内外観光客に広く、麦100%の本格焼酎をPRする。

 同社の都留敬文取締役統轄部長は「いいちこはすっきりと飲みやすく、沖縄料理とも合う。料理も楽しみながら水割りやロック、ソーダ割りなど、ぜひ飲み比べてほしい」と話した。

(写図説明)いいちこの試飲イベントへ多くの来場を呼び掛ける三和酒類の都留取締役(右)と竹中東吾氏=28日、タイムスビル1階