29日午前8時ごろ、那覇市松川1丁目のマンションで火災があった。那覇市消防本部によると5階部分から出火し、1室が全焼。約1時間後に鎮火した。火災発生時は部屋に住人はおらず、けが人もいなかった。消防などが出火原因を調べている。

火災現場周辺は交通規制が敷かれ、通勤通学者はバスの降車を余儀なくされ立ち往生した=29日午前8時28分、那覇市松川

黒煙がもうもうと上がるマンション5階部分=29日午前8時25分、那覇市松川

火災現場周辺は交通規制が敷かれ、通勤通学者はバスの降車を余儀なくされ立ち往生した=29日午前8時28分、那覇市松川 黒煙がもうもうと上がるマンション5階部分=29日午前8時25分、那覇市松川

 火災のあったマンション7階に住む男性66は「部屋でテレビを見ていたら警察官が『火事だから出て下さい』と呼び掛けにきた。それまで全然火に気付かなかった」と話した。近くのアパートに住む女性44は「最初は小さく煙が出ていたがみるみる黒く大きくなって火の手があっという間に広がった」と状況を話した。

 周辺道路は交通規制が敷かれ、路線バスからの降車を余儀なくされた利用者が消火活動を不安そうに見つめていた。