沖縄タイムス+プラス ニュース

防衛局、辺野古埋め立て計画変更検討

2014年8月5日 05:51

 米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は辺野古漁港の使用許可を名護市から得られないことを想定し、公有水面埋立法に基づく設計概要の変更を今秋にも県に申請するよう検討していることが4日までに分かった。使用許可の回答を留保している名護市の対応をみて、最終的に判断する。変更した場合は県知事の承認が必要で、審査には2カ月程度かかるとみられる。本体工事の着工や工期の遅れなどへの影響は避けられず、11月の知事選の争点に浮上する可能性が出てきた。

普天間代替施設をめぐる今後の動き

 現行計画は防衛局が効率性や道路交通への配慮などから「最適」と導き出した工法だが、辺野古漁港が使用できなければ、作業ヤードの場所を変える必要が生じる。工程の大幅な変更にあたることから、あらためて申請を求められる。

 変更申請を受けた県の審査では、一般の人に内容を公開する公告縦覧や、名護市長に意見を聞く手続きの必要がない。県は環境保全の配慮など埋立法の承認基準に適合しているかどうかや、変更理由の正当性も確認する。

 埋め立て承認願書に添付された設計概要説明書によると、漁港の外側3カ所、計4・6ヘクタールを埋め立て、護岸に使う消波ブロックなどを製作、養生、仮置きするための作業ヤードを設置。キャンプ・シュワブ沿岸部の仮設道路を利用し、ブロックなどを陸上から海上へ運搬、投入する計画だった。

 作業ヤード埋め立ての工期を2015年7月~16年3月末、漁港施設の占用期間を15年7月~18年6月末までと見込み、防衛局は4月11日、漁港を管理する名護市に使用許可を申請した。市は書類に不備があるなどとして、形式的な審査を続け、回答していない。稲嶺進市長の計画への反発は根強く、許可を得られるめどは立っていない。

 飛行場部分の埋め立て予定地で水深が浅い区域では、陸上からブロックを設置する必要がある。そのため施工区域に近い場所に作業ヤードを設けなければならず、防衛局はシュワブ敷地内など別の場所を探すとみられる。

 防衛省幹部は市の許可は困難な状況という認識を示し、「努力を続けなければならないが、次の手を考える必要もある」と語った。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス
愛さNAMIEいちまでぃん。プロジェクト
愛さNAMIEいちまでぃん。プロジェクト
9月1日から安室奈美恵さんの誕生日である20日まで、安室さんへの愛を感じさせる企画を展開します。
高校野球
高校野球
第69回沖縄県高校野球秋季大会(9月7日~)の全試合をイニング速報します。
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
お陰様で11周年目を迎えます。 今年も受講生が期待できるテーマを準備して引き続き開催致します。
LINE@公式アカウント紹介企画
LINE@公式アカウント紹介企画
企業や団体の「LINE@」を紹介! 友だち追加でお得な情報やクーポンをゲットしよう!!
しまくとぅば広告
しまくとぅば広告
消滅の危機にある「しまくとぅば」をもっと使おう!
週刊沖縄空手が読み放題
週刊沖縄空手が読み放題
空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。
今日もがっつり!運転手メシ
今日もがっつり!運転手メシ
沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします