県内のバス運転手の人手不足が深刻化していることが30日、分かった。沖縄労働局によると、2018年度の県内のバス運転手の有効求人倍率は2・61倍で、全業種の1・18倍を大きく上回る。