ハーレーの季節の訪れを告げる鉦かねが31日午前5時、沖縄県糸満市糸満の拝所、山巓毛さんてぃんもうで鳴った。鉦が鳴ると梅雨が明けるという言い伝えもある。

ハーレー鉦を鳴らす糸満ハーレー行事委員会の東恩納博委員長=31日午前5時2分、糸満市糸満の山巓毛(さんてぃんもう)

 糸満ハーレー行事委員会委員長の東恩納博さん64=糸満漁協組合長=が、夜空のうっすら明るくなり始めた東の方角から時計回りに南、西、北の順で5回ずつ鳴らした。「毎年、海の恵みに感謝し、航海の安全と大漁、農作物の豊作、人々の平和を願っている」と話した。

 鉦打ちは旧暦4月27日の伝統行事。6日後、旧暦5月4日「ユッカヌヒー」の6月6日午前10時、糸満漁港中地区で糸満ハーレーが始まる。同日は糸満市名城や南城市の奥武島などの各地でもハーリーがある。