【東京】政府が5日に了承した2014年版の防衛白書の沖縄関連は、米軍普天間飛行場の移設に向けた名護市辺野古の埋め立て承認や日米両政府が協議を進めている環境面での補足協定、オスプレイの災害派遣などを新たに取り上げた。